男性

一般企業向けの公認会計士 を見つけよう|法律のプロを見つける

違法な金利の場合

男の人

グレーゾーン金利とは

テレビCMなどで過払い金を取り戻しましょうと宣伝されていますが、そもそも過払い金とは違法な金利で払いすぎてしまっていた利息のことです。なぜこのようなことになってしまうのかというと、その仕組みはグレーゾーン金利にあります。グレーゾーン金利とは、貸金業法が2010年に改正されず以前に貸金業者が個人に融資をする際の上限金利を定めた法律は2つあり、利息制限法と出資法があったのです。それぞれで上限金利が違っていて、利息制限法は最大で20%そして出資法は29.2%です。この利息制限法の上限金利から出資法の上限金利である29.2%の間の金利のことをグレーゾーン金利というのです。この金利で契約していると過払い金が発生している可能性が高いのです。

利息制限法を超えても違法ではなかった

2010年以前は、利息制限法を超える金利で融資するのは違法ということではあったのですが、一定の条件と満たし場合には上限金利を超えて融資をしてもよいという規定があったのです。それをみなし弁済規定といいます。みなし弁済規定に定められている要件をすべて満たした場合に限り利息制限法を超えてもよかったのです。その規定とは、借入者が違法な利息と理解したうえで任意で支払っている、返済や融資の都度法的要件を満たした明細書を交付している、契約時に法的な書面を渡しているなど、すべての要件を満たした場合に高金利での融資が可能なのです。しかし、すべての要件を満たした業者がないことや違法な判決がでたことからグレーゾーン金利は撤廃され、過払い金が発生していることになるのです。